海外ではマナー違反?女性に必要な「誉められたときの美しい返し方」

happyyumiko 15年9月15日



皆さんは褒め言葉を受け取った時にどんな反応をしてるでしょうか?

「綺麗だね」と言われて「いえいえそんな。。」とか、謙遜してないですか?
そのうえ、「私なんて」とか拒否・否定までしてないですか??

かくいう筆者も生まれも育ちも日本、まだ海外での生活を体験していなかった頃には、
その謙遜は美徳(というよりも社交の場の挨拶のようなもの)だと思っておりました。


でも実際は、アメリカやヨーロッパで生活してみて感じたことは、
時と場合にもよりますが
謙遜は自分を貶める上に、相手の好意を無駄にしてしまうという、大変失礼な行為にさえなってしまうということです。


アメリカやヨーロッパの女性は、デートの時に男性から
「今日のドレスとっても似合って素敵だよ」と褒められたとして、
実際のところは「え?そうかしら?着るものなくて5年前のお古を引っ張りだしてきたんだけど。。」と思いつつも、
彼が精一杯、彼女の事とそのデートのためにお洒落をしてきてくれた事に対して述べてくれた賛辞を、
喜んで受け取るのです!
「ありがとう」と。


そして、実はお世辞だったとしても、
褒められて嫌な気持ちになるはずはないのです。
私たちは小さい頃から、周りの親や親戚や友人や先輩達が謙遜する姿を見てきて、
それが当たり前の挨拶だと思ってきましたが、
それは習慣や環境が作ってきた”識”と思われてるものに過ぎません。


さらには、その褒め言葉を聞いて否定してしまった時、
その否定する言葉を真っ先に聞いてるのは、他でもない自分の体と心なのです


つまり、自分で発した言葉で自分を傷つけてしまってるということです。


「今日は何か可愛いな」って彼が褒めてくれたとして、あなたが「ぜんぜん可愛くないよー」と言ったその言葉をあなたの体が聞いて、
「あ、、やっぱ私可愛くないんだ」という具合に。

例えば、本当の所は自分でも「今日はバッチリ!
メイクも服も♡自分でもうっとりしちゃう〜」って思っていたとして、
それを恥ずかしいがために、または謙遜してそう言ってしまうのかも知れません。
たしかにその気持ちもわかります。


以前、”言霊”についてお話しましたことがありますが、言葉には字のごとく魂が宿っていて、
現実が発せられたその言葉の通りになるというものです。
ですから、もう謙遜なんてしなくて良いのです。

「でしょ〜♡今日のデートのためにダイエットして綺麗になったんだよー」とか
「喜んでもらいたくてお洒落頑張っちゃった」とか、
素直に喜んで、相手の言葉も自分の言葉もポジティブな形で自分の心身に取り込んで下さい


ただ、それは高飛車になれとか、高慢になれとか、そういう意味ではありません。

素直に相手の好意を受け取ることで、相手も自分も喜ばしく、
そしてあなたは益々美しく輝けるようになるのです。
今日もキラキラして行きましょうね♡


トップ写真出典:http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/googirl/2011/12/post_711.html


ライター紹介


happyyumiko 
フリーのエンジニアとして、一年の大半を海外、おもにアメリカで過ごしております。
習慣や食べ物や生活全般において、美しくなるために日々あれこれと研究&実践中♡
全宇宙人を味方につけて、一生美しく&エレガントに生を全うしましょう♡
海外出張へ赴く傍ら、ハーブヨガインストラクターとして精進中、またハワイアン・アロハ・タロットも勉強中です♡

PAGE: http://girlsupstyle.com/user/p/id/5017/
BLOG: http://ameblo.jp/enzicafe/

※関連記事
即実行!効果絶大♡コミュニケーション向上のコツ

お金持ちな男性と結婚したい!セレブの基準って?「セレブ婚.jp」参加レポート

あなたの恋愛の本質は?恋の棚卸しの3ステップ

実践保証済!浮気症の男性も浮気をしなくなる3ステップ

ミランダ・カーも実践している”グルテン・フリー”食事法まとめ・あなたはグルテンフリーになる必要はないのかも?


<PR>

他の♛ 女子のリアル体験談 ♛

ウルトラCiバナー